Kayaba Saison

 

 

SPEC

Style : Farmhouse Ale
ABV : 5.5%
IBU : 19
Hops : Magnum, Kent goldings, Hallertau, Willamette, Meridian

 

STORY

 

初めてポートランドに行った時から大好きだったブルワリー、Grixsen Brewing。

残念ながら、コロナで廃業してしまった。

二度目のポートランド滞在時に遊びに行ったら、

とても美味しいファームハウス・エールを作っていて。

ブルワーのD.J.に「とても美味しい」と言ったら、

5ガロン用のレシピをササッとメモして、

使っているイースト1缶と共に「日本で作りなよ」と言って、くれた。

(当時は缶コーヒーみたいなホームブルー用イーストがあった)

 

このレシピをベースにして、使用ホップ、

アルコール度数のデザインを変更したのが「カヤバ・セゾン」。

D.J.のセゾンはもっとフレッシュ感があったけど、

少し枯れたニュアンスを出したくてレシピを変更。

いろいろ変更したけど、モルトの配合バランスと使用イーストは、D.J.のレシピのまま。

2021年のインターナショナル・ビア・カップで銀賞を受賞した際には、

いの一番にD.J.に報告、一緒に喜んでくれた。

 

「カヤバ」は、みなかみ町奥地の藤原にあるススキ野原(茅場)、上ノ原のこと。

古くから入会地として、貴重な屋根材である茅が収穫されてきた場所。

セゾンの枯れた飲み口が、ススキ野原を渡る秋風を彷彿とさせる。

 

上ノ原の保全活動については、森林塾青水HP(http://commonf.net/wordpress/)をご覧ください。

オクトワンへのお問い合わせ